【lxd】(ホスト)ubuntu18.04+(コンテナ)ubuntu18.04上でlaradockを動かすためのコンテナ設定

投稿者: | 2018-11-16

設定方法

ホスト上にてコンテナの設定変更する必要があります。
具体的な設定値は次の通り

 

これ、かなりハマりました・・・
dockerで動いているlaradockですが、dockerで実行するときの権限を上記のコマンドで設定しないと、access denyで動きません。
laradockのdockerコンテナ起動時に失敗します。

特にraw.lxcの設定項目ははじめわけがわかりませんでした。設定値の詳細については下記のリンクを参照してください。

CONTROL GROUP
この設定は、アプリケーションのための control group をいくつか設定します。 cpuset.cpus は定義された cpu のみ使用できるように制限します。 cpus.share は、control group の (cpu) 優先度を指定します。 devices.allow は、特定のデバイスを使用可能にします

lxc.cap.drop
コンテナ内で削除するケーパビリティ (capability) を指定します。 一行でスペース区切りで複数のケーパビリティを指定することも可能です。 指定は、”CAP_” というプレフィックスなしで、小文字でケーパビリティを指定します。 例えば、CAP_SYS_MODULE というケーパビリティは sys_module と指定する必要があります。 詳しくは以下を参照してください。 capabilities(7) この設定を、値を指定しない状態で使った場合、それ以前に指定された削除対象のケーパビリティの指定をすべてクリアします (lxc.cap.drop に何も指定しない状態になります)

http://lxc.container.conf

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です