【PHP】PHP7.3をremiリポジトリから入れるときに、/opt/remi/配下に入らないようにする方法【CentOS7】

投稿者: | 2019-01-18

まずはremiリポジトリを導入

/opt/remi配下に入ってしまう場合(マルチバージョン)

php73-*のように指定しまうと/opt/remi/配下にインストールされる

/opt/remiではなく/usr/bin/以下に入る場合(シングルバージョン)

そこでenablerepoでremiとphp73を指定しておけば、インストールするパッケージをphpとだけ記載すればphp7.3が導入できる。
パッケージにより、シングルバージョンとマルチバージョンの切り替えができるそうです。

詳細はremiの公式サイトを参照
https://rpms.remirepo.net/wizard/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です