【lxd】lxdをsnap版に切り替えてバージョンアップしローカルstorage間のコンテナコピーを試す

投稿者: | 2019-01-22

背景

脆弱性検知ツールvulsをdefaultのstorageに紐づくコンテナで使おうとしてたのですが、脆弱性の辞書(CVE)をダウンロード中に容量不足に陥ってしまったのです。
そのため、storageを新たに作成し、コンテナをコピーしようとしましたが、aptで導入したlxd3.0系ではローカルstorage間のコピーには対応していないとのこと。
そこで、lxdの公式のissueを見ているとsnap版を用いて3.2系以上を導入すれば、ローカルstorage間のコピーができるとあったので、やってみました。

手順

これで無事にコピーができました(^^)

気がついたこと

・コピー元のコンテナのsnapショットも一緒にコピーされる。
・nicは新しいMACアドレスがふれらる。
・こいつめっちゃ便利

参考にした情報

Howto migrate to another storage #4444

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です